Index About R-mode D-mode Special Link Clap Diary&Res

  
■11年目
絵画修復師クリスタの年下の従妹サフィーがイタリアで結婚することになった。
新郎の兄はかつての婚約者で、突然落ちた激しい恋のためにクリスタを捨てた相手だ。
従妹のたっての願いでクリスタは嫌々ながら結婚式に出席するためにイタリアに向う。
空港で彼女を出迎えたのは、元婚約者のグウィードだった。
今のところ性的な場面はありませんが、いずれはR18指定とさせていただくことになります。

■Dea dell'amore
友人と出かけたイタリア旅行でサフィーは素敵な男性ルカと知り合う。が、彼はサフィーの大切な従姉クリスタを捨てたグウィードの弟だった。両家の確執を考えぎくしゃくする二人。しかも彼の初恋の人がクリスタだと知って‥‥。
*
Dea dell'amore・・・愛の女神

Due destini
友人がイタリア旅行中に運命の出会いを果し、結婚することになった。式までに戻る約束をしてメロディーは一人、憧れのローマに向う。
そこでちょっとした騒ぎに巻き込まれ、泥棒に間違われ散々な目に。しかも彼女を泥棒扱いしたのは傲慢で不遜な腹立たしい男。
*Due destini・・・二つの運命

お世話になっています
■人物紹介
クリスタ=ウィングフィールド 絵画修復師。30歳
名門の出身だが、今は自立して一人暮らし。
両親は他界している。ハニーブロンドに金茶色の瞳。
サフィー クリスタの従妹。19歳
アリオスト家の次男ルカと結婚。
旧姓ソールズベリー。ウィングフィールド老人の孫娘。
ルカ=ダ・リオスト サフィーの夫。23歳。
ルカ・ミケーレ=ダ・リオストが正式名。
グウィード=ダ・リオスト 伯爵。36歳。実業家。
広大な葡萄園、他、領地を有し絵画収集家としても有名。元女優の妻とは七年前に離婚。現在、一人娘と暮らしている。
グウィード・ラファエッロ・ファブリッツォ=ダ・リオストが正式名。
黒髪にグレーの瞳の美男子。
マリオン=クイン グウィードの元妻。38歳。元女優。
現在は離婚時の慰謝料で伯爵夫人として社交生活を楽しむ。
アンジェラ グウィードとマリオンの一人娘。9歳
父の元で養育されている。
グウィードと同じ黒髪だが瞳の色が違う。
ドナ=クイン マリオンの妹。31歳
グウィードの妻の座を望んでいる。
マーク=ルーサー 気鋭の弁護士。34歳。
クリスタの祖父の顧問弁護士の一人でもある。
クリスタに好意を寄せている。
マルチェロ=ダ・リオスト グウィードの親族の男性。35歳
画家でありあまり家には居つかないが妻アンナと息子リッツォがいる。
マークのクライアントでもある。

画家としての名前はファウスト=ダリーニ。別名『黒い画家』
修復チーム クリスタの仕事仲間。
ユーイン(建築士)ロナルド(歴史学者)ゲイリー(アンティーク修復職人)ジェニファー(アンティークのバイヤー)ジリアン(タペストリー作家)
*他にもいるが現在名前が出ているのは以上五名。
ダイアン=ソールズベリー サフィーの母でクリスタの父方の叔母。
ウィングフィールド老人の娘。
メロディー=メイスン サフィーの親友の画学生。20歳。
イタリアに憧れていて、南伊に向けて放浪中。
ダンテ=オルシーニ ローマの貴族。30歳。
ルカとサフィーの結婚式に登場。
ベアトリーチェ ダンテの妹。20歳。
放浪中のメロディーと意気投合し、彼女を自宅に招く。
モニカ=ビアンキ ダンテが付き合っている女性。

11年目 連載中
1.花嫁の憂鬱 2.我が侭な希望
3.意外な愛情 4.現実からのラブコール
5.Blue Rose の意味 6.蜘蛛の巣
7.メロディー 8.アリオスト家の人々
9.光明  10.情熱と冷静の狭間
11.クロス 12.知らなかった罪
13.古の言葉 14.過去との接触1
15.過去との接触2 16.心の扉
17.黒の男 18.パンドラの箱 
19.ささやかな反乱  20.羽化 
21.寂しい瞳  22.冷たい瞳
23.明かされた秘密  24.友情の抱擁
25.募りゆく想い  26.憶測と真意 
27.視線  28.迫り来る嵐 
29.対峙  30.決意と別れ 
31.宝物 32.瞳に煌く水晶
33.満たされたモノ  


Dea dell'amore


Due destini